石垣島に行くならどの季節がいい?

夏休みの前後がおススメです

学校が夏休みの7月後半から8月もいいのですが、観光のTOPシーズンですので航空運賃やホテル代が高くなってしまいます。コストパフォーマンスを考えると、TOPシーズンを外して、6月下旬から7月上旬や9月がおススメですね。
本土よりも早く6月中旬には梅雨明けし、それから約1か月間は、台風が接近することも少なく、天気が安定します。観光客が比較的少なく、静かな白浜でゆっくりとした南の島時間を過ごすことができるでしょう。昼間、ダイビングやシュノーケリングなどで楽しみ、夜は石垣島天文台に行ったらどうでしょうか。「むりかぶり望遠鏡」と呼ばれる105cmの光学赤外線望遠鏡で、南十字星なども観測できますよ。ジェット気流の影響が少なく、空気ももちろんきれいですから、星空がクリアに見えます。

避寒地としても最高の離島です

本土が冬で雪も舞う季節、石垣島は避寒地として最高ですね。12月から1月は、台風の襲来もほとんどなく、平均最低気温が15~17℃で、平均最高気温も20~22℃で、大変過ごしやすい気候です。
観光客も少ない時期ですので、割安の旅行が可能で、コストパフォーマンスが高いですよ。少しランクの高いホテルで、スパやラウンジなどを楽しんで、のんびり過ごすのもいいですね。また、観光スポットをゆっくり楽しむこともできます。厳しい暑さの夏場は歩き回るのが大変ですが、石垣島から竹富島や西表島などの離島を巡るのも、冬は最適です。高速船でわずか10~40分で、竹富島や西表島に行くことができます。水牛車で竹富島を観光したり、クルージング船で西表島を探検したりするのもいいですね。

© Copyright Information On Attractions. All Rights Reserved.